乾燥ニキビ クレンジング

ニキビ時のクレンジング方法

クレンジング

 

ニキビの直接的な原因は、角質が厚くなって毛穴が詰まること
大人のニキビの場合、その毛穴の詰まりは、ターンオーバーが乱れることと、乾燥が原因で起こります。

 

このため、大人のニキビには、角質サイクルをスムーズにし、乾燥させないケアが大切です。
乾燥を伴う大人ニキビは、クレンジング剤もこの点に注意して選びましょう。

 

 

 

クレンジング剤の選び方

洗浄力が強すぎるものは避ける

最近では落ちにくく崩れにくいなど、高機能なファンデーションも増えてきたため、
クレンジング剤も洗浄力が強いものがたくさんあります。

 

ですが、洗浄力が強すぎるものは、肌のバリア機能を落とし、ニキビの炎症の悪化にもつながります。

 

肌への刺激となるタイプは、オイルタイプとシートタイプ
オイルタイプは、油分を多く含むため、メイクアップとのなじみもよく、汚れもよく落ちますが、
オイルを乳化させるために大量の界面活性剤を必要とするため、刺激も強くなります。
シートタイプは、手軽で携帯にも便利ですが、物理的にこする刺激が強いため、こちらもおすすめできません。

 

おすすめはミルクタイプとジェルタイプ

おすすめは、ミルクタイプかジェルタイプ
ミルクタイプのほうが肌への刺激は少ないですが、その分メイク落ちも低めです。
薄いメイクアップの日はミルクタイプ。
普段のメイクは落ち残しを気にしなくてよいジェルタイプが使いやすいと思います。

 

おすすめのクレンジング剤

マナラホットクレンジングゲルリ・ダーマラボ

クレンジング剤と洗顔料はいいものがたくさんあるので、
おすすめもたくさんありますが、
いま、特におすすめなのは、マナラ ホットクレンジングゲル
リ・ダーマラボ(Re dermalab)のモイストゲルクレンジング
どちらも@cosmeなどの口コミサイトで高評価なのも納得の洗い上がり。
毛穴の汚れは落ちるのに洗い上がりがしっとりでした。


 

クレンジングの方法

動画だとポイントがわかりやすいと思います。
とても丁寧な指使いですね。

 

 

ポイントメイクを落とす

目元、口元など落ちにくいポイントメイクがある場合は、ポイントメイクを先に落とします。

 

専用クレンジング(オリーブオイルなどお手持ちのオイルでも構いません)をコットンにたっぷりとり、
目元と口元に乗せ、1分ほど置きます。

 

その後、決してこすらないようにやさしくコットンでぬぐいます。
多少、口紅の色やアイラインが残っていても大丈夫です。
この後のクレンジングで、落としていきます。

 

手のひらにクレンジング剤をたっぷりとりあたためる

冷たいクレンジング剤は肌へのなじみが悪いため、よくあたためます。

 

クレンジング剤を顔に伸ばす

あたためたクレンジング剤を顔全体に伸ばします。
額→鼻→ほほ→Uゾーン→目元と口元の順にクレンジング剤を乗せます。

 

クレンジング剤をなじませる

指の腹を使ってやさしくなじませます。
特に最後にクレンジング剤を置いた目元口元は、特にデリケートな部分なのでやさしくやさしく。
ゴシゴシこすらないように注意します。

 

ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯でクレンジング剤を手早く洗い流します。
すすぎ残しがないように丁寧に。
シャワーのお湯を直接肌にあてるのは、刺激になるためやめましょう。

 

このとき、お湯の温度にも注意します。
熱いお湯は皮脂を取り過ぎて乾燥を招くため、すこし冷たいかな?と感じるくらいの温度で流します。